【随時更新】マッチングアプリ特集!

ワクワクメールを格安simで使う方法、格安simの種類とメリット・デメリット

ワクワクメール

ワクワクメールを格安simで利用したい!そんな人が増えています。

ワクワクメールを格安SIMで使う一番の理由が「浮気をしたいから」という記事が上がっていますが、それは一部で、格安SIMを使う理由は「第三者に見られたくないから」「マッチングアプリと分けたいから」などの理由もあります。

そもそも、格安SIMってなんだろう?格安SIMはワクワクメールでも使えるのか。ワクワクメールを格安SIMで使う時の注意点を知りたい。など、ワクワクメールと格安SIMについて記事をまとめました。

「格安SIM」とはなに?

通常、スマホなどの携帯電話を利用する際にはDOCOMOやau、ソフトバンクなどキャリアと呼ばれる携帯会社と契約する必要がありますが、近年、格安SIMという別の通信会社の選択肢を選ぶ人が増えてきています。

格安SIMとはつまり、キャリアよりも安い価格でスマホなどを介したインターネット通信をする事が可能になるSIMカードの事を指します。

格安SIMとキャリアの違い

格安SIMとキャリアの大きな違いは月額の費用です。

日本の携帯キャリアは「au」「DOCOMO」「ソフトバンク」の3大キャリアと言われる会社を指していて、この3社が日本中の殆どの携帯回線を牛耳っています。

月額の使用料もそれなりに高く、5,000円~10,000円以上かかってしまうユーザーも多いほどです。格安SIMであれば1,000円~3,000円の間で収まるので安くすみます。

キャリアのスマホに格安SIM

現在、au、DOCOMO、ソフトバンクのどれかのキャリア端末(スマホ)を格安SIMに乗り換えたい場合は、キャリア携帯会社との契約解除と格安SIMの契約、そして端末にSIMカードを挿して手続きを行うだけです。

SIMロックを解除して格安SIMに

キャリアのスマホは他のSIMカードが利用できないようにSIMにロックがかかっています。これをSIMロックと言い、解除しない限り他社のキャリアSIMや格安SIMを入れても機能しません。

基本的に、キャリアのスマホは購入後180日くらい経てばSIMロックを解除することができるので申請してSIMロックを解除して、格安SIMに乗り換える様にしましょう。

ワクワクメールに格安SIMが使える

結論から書くと、ワクワクメールは格安SIMでも利用することが可能です。

ですが、格安SIMにもプランや条件があり、内容によっては同じ格安SIMでもワクワクメールの機能を満足に利用することができなくなります。

ワクワクメールに使える格安SIMの条件

ワクワクメールを格安SIMで使いたい場合の最低限必要な条件は以下になります。

  • 音声プラン(電話番号)付きの格安SIMにする
  • 違約金や年縛りなどの制約がない格安SIMを選ぶ
  • SIMフリースマホを使う
  • できればSIMフリーと通常使うスマホをわける

上記の条件は最低限必要になります。

格安SIMは年齢認証に注意

格安SIMを使った問題でよく起こるのがLINEによる年齢認証に必要なSMS認証が使えないことがあります。SMS認証は電話番号がないとコードを受け取ることが出来ないので、必ず電話番号付きの格安SIMを選びましょう。

ワクワクメールを格安SIMで使うために行う事

「ワクワクメールに使える格安SIMの条件」にも記載しましたが、ただ単に格安SIMスマホでワクワクメールを登録するだけでは意味がありません。キャリアスマホと同等の利用価値を持ち合わせながら、2年縛りなどの制約が無く安い価格で利用できるのが、格安SIMの魅力です。

LINEを使えるようにする

マッチング後に重要なのがLINEなどのマッチングアプリ以外の連絡先です。

特にLINEは使える様にしておきましょう。ワクワクメールでマッチングした後にLINEIDや電話番号を交換する流れになりますので、そういったチャットアプリが使えるようにはしておきましょう。

このラインアカウントは本来使っているラインアカウントとは別で作ることをおすすめします。もし、LINEID交換後にトラブルに見舞われた後でもストーカー被害など受けずに済みます。

音声プラン(電話番号)を忘れずにつける

格安SIMにはデータプランと音声プランに別れているものが多く、データプランはデータ通信のみを利用するタイプ、音声プランは電話がついているプランです。

つまり、音声プランで電話番号を忘れずにつける事をおすすめします。

先述したLINEには電話番号が必要になるので、ラインアカウントを新しく新設するためにも、格安SIM用の電話番号を設けることが必要になります。

解約時の制約に気をつける

キャリアから格安SIMに切り替えるときや格安SIMを契約する際には、解約時の制約に気をつけましょう。

特にキャリアスマホの場合は契約してから2年以内に解約してしまうと違約金がかかってしまったり、ペナルティを課せられる可能性もあります。

格安SIMをにも規約などに種類がありますので、いつ辞めても制約のない格安SIMを選ぶようにしましょう。

格安SIMでワクワクメールを使うメリット・デメリット

ワクワクメールを格安SIMで使うときにきになるのがメリット・デメリットです。

ひとまず言えるのは、Android、iPhoneなどのスマホ機種によってのデメリットはありません。強いて言うのならば、アプリストアの規約更新によってワクワクメールアプリが消えるリスクが有ることです。

しかしこのリスクも、ワクワクメールのWEB版を利用していれば無問題で済みます。

マッチングアプリ専用端末で第三者に覗かれない

マッチングアプリを使っている事を公に言えるでしょうか?普通の人は第三者にばれない様にワクワクメールなどのマッチングアプリを使っているものです。

友達などに写真やスマホの動画を見せているときに、ワクワクメールから「〇〇さんからいいね!が来ました」という通知がでてきたら気まずいですよね。間違って通知をタップして勝手にアプリを開かれて見られるリスクもあります。

そのために、第三者からマッチングアプリを使っていることが少しでもバレたくない場合に使うと良いでしょう。

「友達かも」候補など、もしものトラブルを防げる

これはワクワクメールに限ったことではありませんが、SNSやマッチングアプリを使っていると電話帳に登録されている情報から「友達かも」と自分の知り合いがでてきたりするトラブルに見舞われず済みます。

また、マッチングして出会ってみたらなりすましや業者、援デリなどにあたってしまった場合も格安SIM専用携帯であれば解約するだけなので逃げ切ることが出来ます。

課金などのコントロール、制限ができる

格安SIMでスマホを分けることで、課金のコントロールをすることが可能です。

キャリアでスマホを契約するとキャリア決済を使う場面がでてきて、キャリアの通常の支払いにプラスして料金が課金されるため、一月にどれくらい課金したのか把握出来ないのについつい課金を続けてしまう人には使いすぎを防ぐことが出来ます。

格安SIMでスマホを別にして、しっかりこれだけ課金すると決めた上で計画的に課金を把握して利用することが出来ます。

スマホがかさばる

格安SIMを別のスマホで使うとなると、スマホを2台持つこととなり、かさばってしまいます。スマホのかさばりがデメリットと感じない人は良いと思いますが、普段あまり荷物になるものを持ち歩きたくない人は、どちらか一方で運用する事をおすすめします。

2台目で使うのはOKだが、アカウント2つはNG

どういう事かというと、2台目のスマホに格安SIMをさして通常使うスマホとマッチングアプリ用のスマホを分けることは何ら問題はないが、それぞれのスマホに別のアカウントを分けて運用することはワクワクメールの規約違反になるためNGとなります。

つまり、そのような方式で使うとワクワクメールを複数アカウントで使うこととなるためNGになります。片方をマッチングアプリ専用の端末として利用を留めておきましょう。

年齢認証に苦労する

再三書いていますが、年齢認証に苦労する事があります。

クレジットカード決済や身分証明書の提示で年齢認証が完了するマッチングアプリでは問題ありませんが、LINE認証や電話番号のSMS認証を用いた認証方法が必要なマッチングアプリの場合は

【結論】ワクワクメールを格安SIMで使えるが、注意が必要!

・ワクワクメールは格安SIMが使える
・格安SIMを使う場合は音声プランを利用する
・複数アカウントの作成、利用は禁止

利用方法を正しく守れば、ワクワクメールを格安SIMで運用することが可能ということがわかりました。問題なく格安SIMを使ってワクワクメールを使うためには、複数アカウント、別アカウントとしてワクワクメールを使うことは避けましょう。

格安SIMは音声プランに入るほうが無難でしょう。電話番号があれば、マッチング後の連絡手段としても利用できて、なにか問題が起きたときにも最悪、格安SIMを解約すれば済みます。