【随時更新】マッチングアプリ特集!

CROSS ME(クロスミー)の「ちょこっトーク」で気軽にマッチングする方法!

CROSS ME(クロスミー)

CROSS ME(クロスミー)に新機能「ちょこっトーク」がリリースされました!

ちょこっトークはその名前の通り「ちょこっと」「トークする」機能で、誰かとおしゃべりしたいときに会話を楽しめる機能になっています。

会話と言っても「ちょこっトーク」は短文でやり取りするチャットです。
匿名で異性と短い文章のやり取りをチャットトークのように会話できることから、ちょこっトークは人気になっています。

CROSS ME(クロスミー)の「ちょこっトーク」とは

2019年6月11日にCROSS ME(クロスミー)の新機能「ちょこっトーク」がリリースされました。読み方は「ちょこっとトーク」ではなく、「ちょこっトーク」です。

ちょこっトークは夕方から夜の時間帯(18時~24時59分)の間だけ限定で異性とチャットによるトークが楽しめる機能です。

女性会員は無料で「ちょこっトーク」を利用することができますが、男性会員の場合は有料会員にならないと利用することができません。

CROSS ME(クロスミー)「ちょこっトーク」の使い方

使い方は簡単で、メッセージウィンドウを開くと右下に「ちょこっト」という吹き出しマークのボタンが出てきますので、「ちょこっト」をタップして入室をします。

入室したら相手が入室するまでしばらく待ち、入室してから会話が始まります。

ちょこっトーク中の「いいね」

会話が始まるとメッセージの入力と送信を行います。

右上にいいね!ボタンがありますので、そのボタンをタップすれば保有しているいいね!を消費せずにちょこっトークしている相手に「いいね」を送ることができます。

ちょこっトークで迷惑、不快な相手は通報&ブロック

CROSS ME(クロスミー)だけでなくマッチングアプリやSNSでは迷惑な相手や不快な相手に当たる可能性があります。

ちょこっトークで不快なメッセージをもらったり迷惑行為につながった場合は相手を通報してからブロックを行いましょう。

  1. チャット画面上の右上の「メニューボタン(・・・)」をクリック
  2. 「違反報告」もしくは「ブロック」をクリック

もし、相手がちょこっトークのトークルームから退室してしまっても通報することが可能です。
相手が退室、退出したときに「お相手がトークルームから退室しました。通報はこちらからお願いします。」と表示されるので「こちら」をタップして通報しましょう。

ちょこっトークはこのように知らない人とおしゃべりのように会話をするので、最初は不安ですがいざ使ってみれば気軽に利用が可能です。

少しでも「この人は嫌だな」「苦手な人だな」と思ったらすぐに退室することも可能で、迷惑な相手に対してもトークルームから退室、ブロックや違反報告ができるので初心者でも安心して使うことができます。

CROSS ME(クロスミー)「ちょこっトーク」の特徴

CROSS ME(クロスミー)「ちょこっトーク」の特徴として

  • 名前はHN(ニックネーム)のみ。プロフィールなどの情報は非公開
  • ちょこっトークは夜の時間帯(18時~24時59分)の間だけ限定
  • 1回に送れる文字数は15文字以内
  • どちらかが退出したらちょこっトーク終了。
  • ちょこっトーク内の「いいね!」は持っている「いいね!」数を消費しない

といった要素があります。

名前はHNのみ、プロフィールは非公開で楽しめる!

部屋に入室してから待つと相手がすぐに入室してきます。

この時点でお互いにわかるのは相手のニックネームのみで、本名やプロフィール、写真などは一切わからない状態です。

実際にお互いにいいね!を贈り合ってマッチングするまでは相手の顔や素性がわからないので安心な反面、実際にマッチングしたあとは想像していた相手と違ったというギャップに見舞われますのでご注意ください。

「ちょこっトーク」利用時間は18:00~24:59の時間限定

CROSS ME(クロスミー)における「ちょこっトーク」の利用は夜の18:00~23:59の時間限定で利用することができます。

その時間以外は利用できませんが、入室してから会話がはずんでしまい、ちょこっトークの利用時間である「18:00~24:59」の制限時間外にオーバーしたとしても退室まで会話を続けることができます。

送れる文字数は15文字以内

ちょこっトークで1回に送ることのできる文字数は15文字以内と短めです。

1度に15文字以上の長文は送ることができないので、チャット会話のように簡単な挨拶から相槌まで、店舗良く話すようにしましょう。

15文字を超える文章になりそうな場合は分割して分けて話すようにする必要がありますが、あまり連投しすぎると相手が怖がりますのでお気をつけください。

どっちかが退出したら「ちょこっトーク」終了!

ちょこっトークは互いのどちらかが退出した段階で「ちょこっトーク」を終了することができます。

退出しない限り、間違えてアプリを閉じてしまっても時間制限外になっても会話を続けることができますので一度会話を開始したのなら時間を気にせずに話しましょう。

「ちょこっとトーク」での「いいね!」は消費しなくてGood!

ちょこっトークで行う相手への「いいね!」は、自分の保有している「いいね!」数を消費しないでいいねできるので気兼ねなく送ることができます。

しかし、ちょこっトーク内のみでしか「いいね!」できないので、退室した場合は相手にいいねを送ることができなくなるので注意が必要です。

「ちょこっとトーク」が気軽すぎると思う方は別のアプリを。

CROSS ME(クロスミー)のちょこっトークはこのように気軽に相手とやり取りを行うことができますが、実際にマッチングされるまで相手の顔も見えないところや、会話だけで気軽に会うところまでこじつけてしまうところが気軽すぎるという意見があります。

そんな人にはCROSS ME(クロスミー)の他におすすめアプリがあるので参考にしてみてください。

アプリ名おすすめポイント
PCMAX PCMAXはこちらログインが容易
会員数も多く、マッチングアプリとしては出会えると評判
Omiai Omiaiはこちら 累計会員数400万人突破
名前はイニシャル表示されるため、実名が乗らない親切仕様
Pairs(ペアーズ) Pairsはこちら会員数1000万人以上を誇る最大級マッチングアプリ
20~30代の若い世代が多い

実際、筆者もちょこっトークを使ってみて肌に合わないタイプでした。

逆に年収や顔等の要素が余計でマッチングする相手をなかなか決めることができない人には「ちょこっトーク」が合っています。