【随時更新】マッチングアプリ特集!

マリッシュは再婚活OKだけど既婚者はNG!現役の既婚者を見分ける方法

マリッシュ(marrish)

マリッシュはバツイチやシンママなどの再婚活、恋活を応援する唯一のマッチングアプリです。マッチングアプリで再婚希望者を応援するのは現状マリッシュが唯一です。

そんな中、最近マリッシュで既婚者の会員に対するキーワード、注目が高まっています。

マリッシュでは再婚活を応援するテーマ上、離婚経験者、バツイチ、シングルマザー、もちろん既婚者も会員にいる可能性があります。今回はマリッシュと既婚者に関する内容をまとめました。

マリッシュの既婚者が注目ワード

Googleのキーワードでも「マリッシュ 既婚者」というサジェストが乗るほど注目されているキーワードです。
しかし、既婚者の後に続くのが「退会」「危険人物」「業者」というワードが出てきます。

マリッシュの既婚者に対して注目されている理由は「既婚者がマリッシュに居る可能性」自体に注目されています。

マッチングアプリでは既婚者はタブー

マリッシュに限らずマッチングアプリには既婚者との出会いはタブーになっています。

既婚者と出会うということは、不倫の相手になる可能性になることを指すため、できるだけそういったトラブルを避けるため嫌う人が多く居ます。

マリッシュは既婚者も登録可能?

マリッシュは過去に既婚していた人、バツイチ、バツ2など「離婚歴のある人」や「シンママ」「シンパパ」と呼ばれるシングルマザー、シングルファザーが再度婚活、恋活するためのマッチングアプリです。

マッチングアプリは人生の伴侶や異性のパートナーを探すためのもので、一度離婚を経験している人間からすると利用しづらいサービスの中でこの強みはマリッシュが一番です。

しかし、裏を返すと離婚経験者だけでなく既婚者なども登録をしてしまいそうな仕様でもあります。

マリッシュは既婚者NG!対するセキュリティも強固

結果としてマリッシュは既婚者の登録はできない仕様になっています。マリッシュでは基本的に既婚者は発覚次第強制退会処置を取られます。

利用規約:第6条(禁止事項)
利用者は、本サービスの利用に際して、以下の行為を行ってはならないものとします。利用者がこれらの禁止行為を行った、または行う恐れがあると弊社が判断した場合、利用者に通知することなく、弊社は該当する内容のデータまたはコンテンツの削除、当該利用者に対して注意を促す表示を行う、または利用制限若しくは強制退会させることが出来るものとします。

(中略)

・既婚者の会員登録及びコンテンツの利用

参考:マリッシュ|利用規約

このようにマリッシュ利用規約の第6条(禁止事項)にも書かれている通り、既婚者がマリッシュに会員登録もしくは利用を行うことは禁じられており、違反した場合は強制退会という処置を取られます。

マリッシュでは昔、既婚者も登録できた

しかしながら、以前はマリッシュでの既婚者の登録及び利用は可能でした。

上記で挙げた利用規約は改定後のものであり、利用規約の改定前に利用可能な人の項目の中に「既婚の方(離婚調停中や別居中の方のみ利用可能)」と説明書きが有りました。

この利用規約を意識したまま利用を行う既婚者が今もいる可能性があります。

既婚者の特徴と見分け方

マリッシュは既婚者の登録が不可となっておりますが、先述したように既婚者のなかでも現在婚約中でありながら離婚に向けて調停中…なんて人が「離婚者」として先に登録して利用している人が多いです。

本人にとって危険な賭けですが、そういった人に関わってしまう我々も同じくリスクを負います。先に既婚者の特徴を見分けてリスクを回避しましょう。

既婚者に出会ったら通報しましょう

既婚者は現在のマリッシュの利用規約では登録も利用も禁止になっている対象です。もし、メッセージのやり取りやプロフィールで相手が既婚者だったときは、その記録を消さずにマリッシュの運営に通報しましょう。

マリッシュの運営は通報のあった既婚者と思しきユーザーを内部的に調査し、既婚者と判明したらアカウントが停止されます。

決して、相手が既婚者だと確信しても咎めてはいけません。トラブルのもとになりますので、落ち着いてマリッシュの運営に通報するようにしましょう。

プレミアム会員はオンライン非表示機能を

プレミアム会員はオンライン非表示機能を利用することをおすすめします。

マリッシュアプリでログインしているとプロフィール写真の左下にオンラインと表示され、マリッシュアプリを開いていることが他のユーザーからわかります。

プレミアム会員のオンライン非表示機能はそのオンライン表示を見えなくすることができます。

既婚者や危険人物はマリッシュの運営にいつ見つかりアカウント停止されるのかわからないため、オンラインユーザーに率先してアプローチを掛けていくため、オンライン非表示機能を使って避けることができます。

プレミアム会員出ない場合は、無料ポイントを利用してプレミアム会員にする方法があるかも知れません。

ポイントを購入することなくプレミアム会員になれる

50ポイントの交換をすることでプレミアム会員になることができます。

現在調査中ですが、プロフィールの追加、年齢確認、ログインボーナス等を利用することでポイントを貯めることで50ポイントを目指すことができ、ポイント購入なしでプレミアム会員になれることが出来るという情報があります。

しかし、ポイントがあっても無料で付与されるポイントと有料で手に入れるポイントは違い、プレミアム会員に必要なのは有料ポイントの可能性があります。

マリッシュにいる既婚者以外の危険人物

マリッシュに限ったことでは有りませんが、既婚者以外に危険人物が存在しますのでそのいくつかを紹介します。

ヤリモクは危険

ヤリモクとは相手との体の関係を目的としてきっかけを持とうとする人間のことを指します。

性交渉を族的に「ヤる」と言われますが、それを目的とする「ヤる目的」→「ヤリモク」といった感じで生まれた言葉です。
ヤリモクは出会って体の関係を持ったあとは疎遠に、また体の関係を持つまでに相手にしない場合も多く忌み嫌われます。

  • 最初からタメ口で話しかけてくる
  • 実際に会う待ち合わせ時間が夜など遅い
  • すぐに会いたいと都度話しかけてくる
  • 一人暮らしかどうか確認してくる

ヤリモクに会わない方法は上記の特徴があるユーザーを避けることが重要で、会うことになったときにデートの開始時間が早くなるようにするなど対策を行いましょう。

サクラ・業者・勧誘

サクラや業者、宗教やマルチ商法などの勧誘などは危険人物の代表格です。

マリッシュ(marrish)アプリにサクラが居るのか調査!サクラや業者の意外な実態が明らかに
マリッシュ(marrish)というマッチングアプリは遊び相手や恋人探しというライトな付き合いの相手を探す一般的なマッチングアプリに比べて結婚を視野に入れたユーザーが多いマッチングアプリです。 マッチングアプリといえばサクラや業者といっ...

サクラについては上記の記事で存在しないことがわかっています。

ドタキャン常習者

メッセージのやり取りをして実際に合う約束までするユーザーでも、実際に合う当日にドタキャンをする人が居ます。

マッチングアプリでは相手に合う約束まで取り付けて実際に会わない「ドタキャンの常習者」が存在します。その多くが、遠くから約束場所に現れた相手を右往左往させて楽しむ愉快犯が多いです。

マリッシュの既婚者や危険人物に対する対策

マリッシュは先述した会員ユーザーからの通報以外にも、違反や迷惑ユーザー、既婚者、危険人物の利用を防ぐ対策があります。

身分証明書による年齢確認

マリッシュは身分証明書による年齢確認を徹底しています。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 年金手帳
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード

マリッシュでは身分証明書の提示による年齢確認を行うことが必須となっています。証明書は画像を人の手で一つ一つ確認をしているので、18歳未満の未成年が登録することは有りません。

24時間365日のサポート、監視体制

マリッシュの運営は24時間365日のサポートと監視体制をしています。ユーザーの登録情報や画像投稿等、常に監視しているため安全です。

どの時間、問い合わせにも比較的早く反応してくれるので、もしもの被害にあったときに安心して利用することができます。

通報機能で簡単に通報出来るシステム

先程述べた24時間365日の運営体制のうちに入りますが、通報機能ですぐに運営に報告することができます。

  1. 通報したい相手のプロフィールで「違反報告」をタップ
  2. 違反報告の理由を以下の中から選んで「違反報告」ボタンで送信する
    • 誹謗中傷
    • 不正誘導
    • マナー・モラル違反
    • 利用間違い
    • 犯罪行為
    • 個人情報の掲載
    • 他人の画像掲載
    • 著作権違反
    • その他(その他の理由を150文字以内で書く)
    • 通報完了

Facebook連携で信用性が増す

マリッシュは登録後、Facebookとの連携登録ができます。

Facebook連携登録を済ませると、あなたのプロフィール画像にFBマークが付きます。FBマークがついたユーザーはサクラなどと違い実在する人物として信用が出来るようになります。

業者や危険人物などはFacebook連携をすることが有りませんし、既婚者もFacebook連携を避ける傾向にあるので、自然とフィルタリングがされます。