【随時更新】マッチングアプリ特集!

PCMAXを格安simで使うメリットとデメリット!【PCMAXで格安sim】

PCMAX

PCMAXを格安simで使ってる人は「格安simでお得に使いたい」という人などいると思いますが、格安simで調べるとPCMAXには関係のない格安simの比較サイトなどが出てきます。

  • PCMAXで格安simを使うのは不便じゃない?
  • 格安simと携帯キャリアの違いやメリットは?
  • PCMAXと格安simでどれだけお得になるの?

などPCMAXを格安simで使う時の疑問が当然ありますが、実際に格安simでPCMAXを使って見て思ったこと、本当のメリットやほかサイトでは言わないor隠しているデメリットなどを包み隠さず紹介します。

PCMAXはこちら

格安simとは

格安simとは、通常の携帯キャリアとは違い掛かる費用がとても安い代わりに、電話代は別もしくは電話を利用できない格安sim、データ通信も決められた容量ごとに値段が違うなど制約が設けられている格安simなど種類がある”通信用simカード”を指します。

日本における携帯キャリア3社(au・docomo・SoftBank)の他にYahoo!スマホやイーモバイルなどありますが、それらの月額費用よりも価格が低いラインナップでスマホを使える事ができるsimを格安simと呼ばれています。

格安simでどれも共通しているのが価格のやすさ、リーズナブル、コストパフォーマンスが高いという部分で、通常の携帯キャリアで月額費用が高いという理由からマッチングアプリ用で格安simに切り替える決断に至らない要因になっているようです。

格安simには制約がある

格安simには電話番号が元々存在をしていない物があったり、通話が機能としてなかったり、通常のキャリアsimではできない制約がたくさんあるのが事実です。

通常のsimはキャリア携帯と言われる通常のスマホや携帯に使われるsimよりも制約が多いです。

通話機能が無い格安simとMNPできる格安sim

格安simが登場したばかりの頃は、simに電話番号が振られていながらも電話機能が利用できない格安simが多くありました。

インターネットなどのデータ通信のみで通話ができないと言った状態で、格安simで通話をするならSkypeやLINEなどのチャットアプリを利用して電話をする手段が一般的でした。

ですが、今はMNP(マイナンバーポータビリティ)という制度が設けられ、3000円程度の手数料を払えば大手のsimから格安simに電話番号をそのままに乗り換えることができるようになりました。

SIMのプランで別れており通話もできる格安simを「音声通信プラン」データ通信しか出来ない格安simを「データ専用プラン」と分けられていて、音声通信プランの格安simのみ、MNPができる仕組みです。

PCMAXはこちら

PCMAXで格安simを使う

格安simを使っているユーザーはPCMAXを利用する際、通常のSIMを利用するのと何が違うのでしょうか?

携帯電話料金が格安simで安くなるということは、その浮いたお金でPCMAXなどのマッチングアプリのポイント課金に割り当てることができますよね。

格安simをよく知らなくてもPCMAXなどの出会い系マッチングアプリを使う上でのメリットやデメリットがあるはずです。

格安simをPCMAXで使うメリット

格安simの最大のメリットは月額費用が安いことです。

通常のsimで携帯電話やスマホを利用するとなると大手キャリアの物を使うことになりますがその場合、月額費用が基本使用料を含めると1万円前後に、どんなに安いプランに変更しても7~8,000円の費用が月々掛かるようになります。

しかし、格安simの月額費用は安くて500円~と破格の値段なところが魅力です。

PCMAXはこちら

個人情報漏洩や個人情報流出の対策

出会い系やマッチングアプリをやるとき特に気になるのが「自身の個人情報」が流出する危険があるか気になりますよね。

見ず知らずの人と関わり合いを持つのは信用できないというのもありますが、会員数が多いサイトはどうしてもハッカーや悪意のある人間に狙われやすい傾向にあります。

個人情報はあなたの名前や住所だけじゃありません。
登録したメールアドレスや電話番号なども個人情報に相当します。例えばメールアドレスが漏洩した場合はそのメールアドレス宛に迷惑メールやスパムメールが届くようになります。
このような場合対処が非常に面倒ですよね。
格安simであれば、出会い系マッチングアプリ用に

格安simをPCMAXで使うデメリットの解決

格安simは費用が安くコストパフォーマンスに優れた側面がありますが、そのかわりデメリットも少なからず存在します。

デメリットのせいで格安simに手を出しづらい人も多いかと思いますが、冷静に対処できれば特に大きな問題にする必要もありません。

電話番号のない格安simでの連絡先交換

PCMAX上のやり取りはポイント消費でお金が常にかかってしまいます。

マッチングアプリで相手と仲良くなると、普通の相手とは違いかなりのメッセージ交換を送ることになりますよね。1日に多いときなんて5000~数万円までお金がかかることもしばしば…。

そこで、連絡交換をする際に格安simで問題になるのが「電話番号がない」格安simです。

電話番号の無い「データ専用プラン」の格安simは、マッチングアプリから電話番号の交換ができないどころか、電話番号がないためにLINEの交換も不可能です。

格安simのスマホでは年齢認証ができないため、LINEのIDを相手に送ることができません。

対処法としては以下の方法で連絡先を交換しましょう。

  • GmailやYahooメールなどのメールサービスで連絡先を交換
  • カカオトークでやり取りを行う
  • 相手LINEのIDを聞いて「PC版LINE」から友だち追加

特に最後のPC版ラインは、相手のLINEIDを聞いても格安simだと年齢認証ができな居事による友達検索ができない状況でも友達検索する事が可能になる方法です。

PCMAXはこちら

PCMAXおすすめの格安simデータ容量

PCMAXにおすすめの格安simのデータ容量は何ギガ必要なのか、よく質問を受けます。

利用者のPCMAXの使用状況によって必要の通信量は変わります。

  • マッチングアプリを試すなら1Gから
  • メッセージをやり取りするなら5G
  • ガッツリ相手を探すなら10Gは欲しい
  • You TubeやNetflixなどの動画サイトも見るなら30G 前後

この基準で格安simのデータ容量の大きさを決めましょう。

PCMAXはこちら

【結論】PCMAXで格安simを使うのは問題なし!

結論、PCMAXで格安simを利用するにはデメリットはあれど、問題は無いということがわかりました。

  • 電話番号はなくてもカカオトークなどで通話可能
  • GmailやYahooメールを利用すれば連絡先交換の問題は解決
  • LINEIDの交換はPC版のLINEで友だち追加可能

この部分を押さえれば格安simでPCMAXを使っても特に不便はありません。

PCMAXはこちら