【随時更新】マッチングアプリ特集!

Jメールのアドレス交換で文字化け!文字化けの原因を収集してまとめました

ミントC!Jメール

Jメールでマッチングした相手と仲良くなると、個別に連絡をとるためにお互いのメールアドレスやLINE ID(ラインID)など交換してより親密にメッセージのやり取りを行いたいのはよくあることです。

Jメールではメールアドレスやラインなどアドレス交換や個人の連絡先を送ろうとすると、文字化けやアドレス交換できないなどの不具合が稀に報告されます。

Jメールにおける文字化けとは?文字化けになるとアドレス交換できないのか、文字化けしない方法など、実例を収集して解決策をまとめました。

ミントC!Jメールはこちら

文字化けとは?

文字化けとは、入力した文字をメッセージないしメールを送信し到着した相手は「違う文字列」や「読み取り不能な文字列」に変わってしまうことを文字化けといいます。

基本的には利用しているメールソフトやブラウザなど、メールやメッセージを閲覧する時に文字コードが読み取り側と送り側に相違があると文字化けになります。

お互いの文字コードがあっていれば文字化けになることはありませんが、機種依存文字など特殊な文字を利用している場合は送りてとは違う文字が表示されることがあるようです。

出会い系やマッチングアプリの文字化け

出会い系やマッチングアプリにおける文字化けとは、先程述べた文字コードや機種依存文字による文字化けとは違い、主に「連絡先や個人情報を送付した場合に意図的に文字を変えられる」ことを指すものが多いです。

こういったアドレスや個人情報などを意図的に文字を変更する機能がある出会い系やマッチングアプリ、マッチングサイトは「悪徳マッチングアプリ」と言われています。

その理由は「自分のサイトやアプリから離れられないように個人情報を明かさないようにする」という姿勢が良くないことが挙げられます。

更には、連絡先を交換するためにポイント消費をさせるなど課金させるマッチングアプリもあります。

Jメールでは文字化け、伏せ字、隠し文字はない

Jメールでは連絡先交換やメールアドレス交換で、問題なくメッセージやラインID交換が可能です。

余り個人情報に関わることばかりを送付し合うことはモラル的にはNGなので、状況を見て利用することが大切です。

ミントC!Jメールはこちら

メール・メッセージが文字化けしたという報告

それでもJメールでメールアドレスやラインIDが文字化けしているという報告が来ることがあります。何故でしょうか?

業者が正体を隠すために伏せている

実は、他のマッチングアプリや出会い系サービスに誘導をする出会い系業者が自らの正体を隠すために行っています。

業者の手口は

  1. 異性と仲良くなる
  2. 連絡先を交換する
  3. 交換した連絡先上で他の出会い系やマッチングアプリに誘い込む

というのがセオリーです。
連絡先を交換すれば通報する相手もいないので自由に相手を誘導することができます。

正体を隠すために文字化けを偽装する

例えば…

  • AbcDefG@gmail.comのように大文字と小文字をつかう
  • □□□(アットマーク)gmail.comなど「@」を別名称で表記する
  • えーびーしー@gmail.comなどアドレスの一部をカタカナ読みにする

など、これらは一件文字化けともとれますが、業者が意図的に変えているという可能性が高いです。

Jメールでは常に不正ユーザーに対して監視をしており、不正と報告があったユーザーの交換しているメールアドレスやラインIDも監視対象になっています。

その監視の目を欺くために、文字化けを偽装し、ギリギリ人が読み取れる方法で送信して来ます。

連絡先や個人情報の交換にお金が掛かるマッチングサイトでよく使われる手法ですが、Jメールではメルアドなどの連絡先の交換に関しては特に制限がないので、Jメールでこのような連絡先の送付の仕方をしてきたら怪しみましょう。

ミントC!Jメールはこちら

Jメール文字化けを気にせずアドレス交換する方法

Jメールでは文字化けさせるような悪徳出会い系サイトではないので、通常のメッセージのように小細工無しでメルアドやラインIDを送ることができます。

なのでJメールで仲良くなった相手にメールアドレスや電話番号、ラインIDなどの情報を交換する際は気にせず行うことをオススメします。

ミントC!Jメールはこちら