【随時更新】マッチングアプリ特集!

youbride(ユーブライド)でブロックする方法|ブロックされたら相手にバレる?

youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)アプリは結婚を視野に入れたマッチングアプリとして有名ですが、他のアプリと同じようにやり取りしている相手をブロックすることが出来ます。

「youbride(ユーブライド)でブロックする方法を知りたい」
「youbride(ユーブライド)でブロックしたら相手にバレるの?」
「ブロックと非表示の違いについて」

など、youbride(ユーブライド)のブロックについて知りたいことはたくさん有ります。

逆に、相手からブロックされたという人もこのページをみてブロックをされた理由や方法などをまとめましたのでチェックしてみましょう。

youbrideはこちら

youbride(ユーブライド)でのブロック方法

まずは最も知りたいであろうyoubride(ユーブライド)でのブロック方法を記載します。

ブロックした際相手からどう見えるか、ブロックはどのような効果があるのかは後述します。

  1. ブロックしたい相手のプロフィール画面を開く
  2. 右上にある「…」マーク(メニュー)をタップ
  3. 「ブロック」項目をタップ(やめたい場合はキャンセル)
  4. 本当にブロックしますか?と確認文がでてくるので、問題なければそのまま進む

これでブロックが完了します。

youbrideはこちら

youbride(ユーブライド)でブロックをすると得られる効果

youbride(ユーブライド)の機能である「ブロック」は設定した相手に対して自分のプロフィールを制御することが出来るブロックとは違い、自分のプロフィールを見せたくない相手に対して

ブロックの上限数

ブロック上限:1000件

実はyoubride(ユーブライド)のブロックには上限数が決められています。

サクサクとブロックしてしまうと会員数の多いyoubride(ユーブライド)ではあっという間に上限数が達してしまうことがあります。

ブロックは相手にばれない

youbride(ユーブライド)でブロックした相手に「自分が相手のことをブロックしたこと」がバレない仕様になっています。

どうなるのかと言いますと、youbride(ユーブライド)で相手に対してブロックすると、その相手には「退会しました」と表示されるようになります。

つまり、相手からは貴方がyoubride(ユーブライド)を「退会した」状態に見え、ブロックされたとはわからない様になっています。

ブロックの解除はできない

実はyoubride(ユーブライド)では一度ブロックすると強制的にプロフィールを退会済み表示にさせる機能ゆえ、ブロック後のブロック解除はできない仕組みになっています。

ブロックはお互いのブロフィールも一切見せないようにする機能でもあるので、ブロック後は自分もブロックした相手を全く表示させることができなくなってしまいます。

つまり「一度ブロックすると自分も相手もその後は互いに干渉することができなくなってしまう」ということになります。

ブロックの前に「本当にブロックしますか?」と確認画面が表示されるのはこのような理由があります。

ブロックしたあとにどうしても復活させたい場合

先述した通りyoubride(ユーブライド)のブロックは一度行うと二度とブロックした相手とやり取りを再開することは出来ず、ブロックを取り消す行為も不可能となります。

しかしそれでもブロックをしてしまった相手と再度やり取りをどうしてもしたい、プロフィールを閲覧したい場合はどうしたら良いでしょうか。

その唯一の方法は「一度退会をして再度新規登録を行う」方法です。

一度youbride(ユーブライド)を退会したあと、再度新規登録を行えばすべてのyoubride(ユーブライド)でのつながりはリセットされ、新規会員として始める事が出来るので、ブロックした相手も再度見ることが可能になります。

youbrideはこちら

非表示とブロックの違い

youbride(ユーブライド)には非表示という機能も備わっています。

ブロックした際は退会したユーザーとしてプロフィールを含めたすべての情報を閲覧することができなくなりますが、非表示という機能との違いはなにか説明します。

非表示はyoubride(ユーブライド)上で検索する際の検索結果に表示されなくする機能を指します。

すでにやり取りをしている相手には、非表示中でも問題なくメッセージなどのやり取りを行うことが出来ます。

youbrideはこちら

ブロックと非表示の見分け方

youbride(ユーブライド)でブロックした場合は退会したユーザーとして見えるのではっきりとブロックされたことは相手に伝わりません。

  • ブロックする前に思い当たる節がある
  • 何度もメッセージを送ったら無視の上に退会ユーザーになった
  • 複数アカウントを持っており、そっちで見たら退会になっていなかった

など、状況やアカウントに関してはほぼ裏技の方法ですが、判別する術があるという事を忘れてはいけません。

変わって非表示中の場合、誰かが意図的にあなたのプロフィール画面を見ようとすると「プロフィールを非公開にしているため、閲覧できません」と表示され、非表示をしたことは相手にわかる様になっています。

ブロックを見分けるにはメッセージボックスをチェック!

もう一つ、確実にブロックを見分ける方法があります。

youbride(ユーブライド)アプリ上ですでに相手とメッセージボックスでやり取りしていた場合に限りますが、メッセージの履歴をチェックすることでブロックされたか、本当に退会したかがわかります。

通常の退会であれば、退会後もメッセージの履歴が残ります。

しかし相手からブロックされた場合メッセージの履歴も含めすべて消えてしまうので、相手からブロックされたということがバレてしまう可能性があります。

※この方法はyoubride(ユーブライド)のアプリアップデートなどの更新によって修正される可能性がありますので、ブロックされた時に判断するための一つの方法として参考までに覚えておいてください。

youbrideはこちら

youbride(ユーブライド)でブロックをする理由

youbride(ユーブライド)で相手をブロックするにはそれなりの理由というものがあります。

自分が相手からブロックをされないように、反面教師の面持ちで参考にしましょう。

Facebookで友達どうしではない知り合いが居た

これはFacebook認証を使った他のマッチングアプリでもあてはまる問題では無いでしょうか?

Facebookの友人同士の場合、マッチングアプリを利用していることを知られないように検索に引っかからないようにするなど予め対策されています。しかし…

実際には顔見知りで話したこともある人だが「Facebook上では友達ではない」人は、そういった対策の除外になってしまいます。

その場合は、相手から優先的にブロックされる可能性がとても大きいです。

意外とあるあるなFacebook友人ネタですね。写真やプロフィールを見て思い当たる事があったら、とにかくブロックしちゃう可能性があります。

他にやり取りしている人が居た

マッチングアプリを利用していると、何人もの異性とマッチングすることになります。

その中から親密にやり取りをする人がでてきたら、もう新規のユーザーとのマッチングは避けたいですよね。

遊び目的で何人もやり取りをするなら別ですが、殆どの場合はブロックか非表示で相手とのやり取りを一方的に遮断する事になります。

いいねやメッセージなどが不快になった

一度断った相手から何度もいいねがきたり、メッセージ内容が不快なものが多いユーザーに対してはもちろんブロックの可能性があります。

自分にとってはちょっとしたことでも、相手にとっては非常に不快な思いをさせてしまっている可能性がありますので、夢中になりすぎずに一度立ち止まる事が必要です。

危険と感じた

迷惑メッセージや業者など、そもそもマッチングアプリの利用に危険性を感じた場合も、ブロックの理由としてあるようです。

マッチングアプリで特に女性の方にこの意見の人が多いです。

【まとめ】youbride(ユーブライド)のブロックは慎重に

youbride(ユーブライド)ではやり取りを行いたくない相手をブロックすることで「退会済み」と表示され、相手に比較的わからずにブロックを行うことが可能ということがわかりました。

ブロック手順も4ステップほどで簡単に行える反面、一度ブロックを行った相手へのブロック解除は出来ないことも覚えておいて下さい。

一度ブロックしたらブロック解除出来ないため、youbride(ユーブライド)で相手をブロックする際は慎重に行うようにしましょう。

youbrideはこちら