【随時更新】マッチングアプリ特集!

マリッシュは安全?マリッシュの安全性を徹底調査!

マリッシュ(marrish)

マリッシュを利用する前に気になるのが”安全”かどうかです。

マッチングアプリを利用していればマリッシュ意外でも気になる安全性ですが、自分の名前や顔写真、生年月日、住んでいる地域などの個人情報に加え、仲良くなれば連絡先の交換も行う大事な場所です。

マリッシュのセキュリティが安全か、安全なユーザーが居るか徹底調査しました。

マリッシュはこちら

マリッシュの安全性

マリッシュはまずサイトでサーバー証明書によるSSL化で、サーバーと暗号化通信で安全に通信を行っています。

こうすることで、いつどこでマリッシュを利用していても外部からアクセスされ、自分の情報を抜き取られるという心配がなくなります。

その他にもマリッシュの安全なポイントがいくつかあるのでご紹介します。

セキュリティから見た安全性

マリッシュではSSL化の他にも、プライバシーポリシーでしっかり個人情報保護方針が明記されており、更に運営では24時間365日の監視、サポート体制で不正ユーザーや悪意の脅威から守ってくれています。

マッチングアプリの中ではセキュリティは上位になるほどの管理体制ではないでしょうか?

ユーザーの安全性

ユーザーの質も、他のマッチングアプリとは違い、シンママやシンパパ、バツイチなどの結婚経験者を多く募集しているので、落ち着いた客層が多いと言えます。

ユーザ数は他のマッチングアプリと比べると少ないですが、その分ユーザーの質は高いと言えます。

マリッシュはこちら

安全なマリッシュの使い方

安全なマリッシュの使い方は、できるだけ自身の個人情報をひけらかさずに伏せておくことが必要です。

  1. 本名は使わず、あだ名やニックネームにする
  2. 住んでる地域は都道府県までで、必要以上に公開しない
  3. 特定個人を特定できる顔写真はできるだけ隠す

など、自身の個人情報が容易に漏れてしまわないように慎重に扱うようにしましょう。

身分証明書を安全につかう

それでも、年齢認証の際は自身の身分と年齢を証明するために「身分証明書」の提示を求められます。

身分証明書は保険証や運転免許など様々ですが、第三者に渡り悪用されると言う例は少なくありませんので、できるだけ慎重に扱いたいですね。

マリッシュでは身分証明書を送付するときに住所や氏名などの個人情報は隠してもOKです。

ですので生年月日から読み取れる年齢など最低限必要なもの意外は隠して安全に送付しましょう。

マリッシュはこちら