【随時更新】マッチングアプリ特集!

ワクワクメールのブロック、無視リストについて|無視リストやブロックの表示はどうなるのか調査

ワクワクメール

ワクワクメールでメールを送っていると急に「やりとりすることができません」という表示になったことはありませんか?

それは相手から「無視リスト」というブロック機能を使われた事による表示かもしれません。

今回は、相手から「無視リスト」に入れられた時に解除してもらう方法と「無視リスト」に入れられていると判断する方法などを調査しました。

ワクワクメールのブロック「無視リスト」とは

ワクワクメールの機能で「無視リスト」というものがありますが、いわゆるSNSにおける「ブロック機能」とおなじ効力を持つものになります。

相手と今後やり取りしたくない場合は無視リストに入れることによって今後そのユーザーとのやり取りが一切できなくなります。

例外として相手からの「最後の1通メール」だけはメッセージが届きます。

「無視リスト」の設定方法

相手を無視リストに入れる方法は、相手のプロフィール欄の下に「無視リストにいれる」というリンクがあるので、そこから手続きができます。

無視リスト解除も同じ手順で行えば、相手を無視リストから解除することが出来るので、相手から「最後の1通メール」が届いて解除してもいいかなと思った場合は手軽に解除を行うことが出来ます。

無視リストは「やりとりすることができません」と表示される

無視リストに入れた相手には無視リストに入れたことは通知されませんが、相手が貴方にメッセージを送った時に「やりとりすることができません」という表示がされます。

この時点で相手には自分から無視リストに入れられたことは察せられるので、実質相手に知られない様に無視リストに追加することが出来ません。

見ちゃイヤ☆リストとの違い

ブロックといえば、ワクワクメールには「見ちゃイヤ☆リスト」という機能もあります。

この見ちゃイヤ☆リストと無視リストの表示の違いは何でしょうか?

無視リストは相手とのやり取りを一切できなくする機能で、SNSにおけるブロックを意味する機能です。

変わって見ちゃイヤ☆リストは相手をリストに加えても今までどおり通常のやり取りができますが、自分の「一緒にご飯掲示板」などの掲示板の投稿が見えなくなる機能です。

やり取りできなくなるブロック機能「無視リスト」
やり取りは出来るが掲示板投稿を見せないようにする「見ちゃイヤ☆リスト」

つまり、相手とメッセージを初めても募集を続けたい、でもその行動はみられたくないといったかゆいところに手が届く機能が「見ちゃイヤ☆リスト」です。

もう一つの特徴は無視リストと違い、相手に気づかれにくいところにあります。

掲示板自体も通常通り使えるままあなたの投稿だけが見えていないので気づかれにくいですが、貴方と出会うきっかけが掲示板で、貴方が投稿したメッセージを相手が逐一チェックしていた場合、途端にすべてが見えなくなるとバレる可能性は少なからずあります。

相手から無視リストに入れられたら

自分から無視リストに入れることもあればその逆で相手から無視リストに入れられることがあります。

自分の行いを振り返っても相手に不快な思いをさせた覚えがなく、その相手とまたやり取りをしたい場合はどうすればよいのでしょうか?

「最後の1通メール」でラストチャンスにかける!

知らぬ間に「無視リスト」に入れられたら、相手が解除しない限り無視リストに入れられたままメッセージのやり取りもままならない詰み状態になってしまいます。

しかし、そんな相手に最後のお願いメッセージを送ることが出来る「最後の1通メール」という機能があります。

男性の場合は通常のメールとおなじ様に5P(50円分)がかかってしまいますが、どうしてもやり取りを復活させたい場合は「最後の1通メール」を使って相手にお願いしてみるのも良いかもしれません。

【改定】自由入力から定型文へ

今まで「最後の1通メール」は送る側のユーザーが自由にメッセージを打てる様になっていましたが、最後の捨て台詞のように相手への罵倒、誹謗中傷を含まれたメッセージを打つユーザーが後を絶たず、最終的には2017年4月26日に自由入力から運営が用意している定型文へ機能が改定されました。

2017/04/26

★最後の1通メールが定型文になりました

「最後の1通メール」で罵声を浴びて嫌な思いをするお客様がいらっしゃいましたので、「最後の1通メール」機能を自由文入力から定型文選択へ変更しました。

上記のように、一部の身勝手なユーザーの行いのために、自由入力の文章が打てなくなってしまったことにより、復縁出来る可能性はがくんと下がってしまいました。

結論:無視リストの表示はされないが、やり取りができなくなる

しかし、ラストチャンスの「最後の1通メール」で無視リストから解除してもらう可能性がある。という結論となりました。

一番望ましいのは相手から「無視リストに入れられないようにする」ことが一番です。

そして無視リストに入れられてしまったら、相手に罵声を浴びせたり誹謗中傷することなく「紳士的な対応」で相手との復縁を目指しましょう。