【随時更新】マッチングアプリ特集!

30代で諦める前に!彼女ができない男の特徴と理由について

婚活・恋活

「もう30代なのに彼女が出来ない」と感じる男性も多いそうです。

彼女が出来ない理由は人によって様々ですが、自分の彼女が出来ない特徴と理由を正しく理解できれば、彼女ができる確立は上がります。

自分という男は何故彼女が出来ないのか、本やインターネットで探しても理由はいくつもでてきますが多すぎる情報に本当に自分が当てはまるかよくわからないですよね。

まずは彼女が出来ない男の特徴や性格、理由をまとめました。
その上で、彼女が出来ない男から彼女ができる男に転身できるように勉強しましょう!

彼女が出来ない男

そもそも彼女が出来ない男とはどういう人を指すのでしょうか?

  • 学生時代や昔に彼女がいたけど今はいない
  • 彼女が出来ない様に振る舞っている
  • 生まれてこの方彼女が出来たことがない

少なくとも彼女が出来ない理由や条件によっては、今後の彼女ができるためのアドバイスはほぼ身にならないものになります。

今回は彼女が出来ない男の中でも「彼女が欲しい意思があるが、どう努力しても彼女が出来ない、彼女を作る努力や方法がわからない」人が対象になり、今回はその条件で説明を行います。

彼女が出来ない男は性格や特徴など共通の理由がある

彼女が出来ない男は、イケメンやブサメン関係なく共通の理由があります。

顔は正直褒めてもイケメンとは言えない男性でも、手にあまるほど人気になれるモテ男という人は自分の知り合いにはいませんか?
そういう人は話がうまかったり、相手に同調して盛り上がれるテクニックを持っている意外にも魅力があります。

逆に顔はイケメンでも、どうもモテない男性もたくさんいます。
「こいついい顔してるのに女っ気ゼロだよなぁ~」なんて冗談交じりで話しますが、本人にとっては深刻な問題で、長く友達付き合いしているとこいつホモやゲイじゃないのか?なんて噂が立つほどで、とても可愛そうです。

彼女出来ない時こそ焦りは禁物

彼女を作る努力をしているのに自分に彼女が出来ない。

そんな状況の人は自分に悲観せずに焦らず取り組んでください。

自分に「むかつく」ときこそ諦めない

不甲斐ない自分に対してむかつくときがありますが、そんなムカつくときこそ諦めないで取り組む様にしましょう。

また「むかつく感情」から諦めに繋がる人も多く、自分に悲観して今までやってきたことを放り投げてしまう人は要注意です。

顔が原因じゃない!イケメンじゃないと彼女が出来ないのはウソ

彼女が出来ないのはあなたの顔が原因じゃありません。

イケメンじゃないと彼女が出来ないのならば、ブサイク芸人がモテることはありませんし、結婚すらできることはありません。

ブス、ブサメン、ブサイクは関係ない!

顔がブス、ブサイク、ブサメンは彼女が出来ない原因とは関係のない要素です。
世の中に彼女が出来ないイケメン男子もたくさんいて、それは性格や振る舞いなど他の要素が関係しているようです。

彼女が出来ない原因である性格やその他の要素を直したくないけど彼女が欲しいのであれば、石油王になるしかありません。

彼女が出来ないイケメン男の特徴

まずはイケメンなのに彼女が出来ない男の特徴から挙げていきましょう。
自分は絶世のイケメンなのに彼女が出来ない!などという自惚れた人はいないとは思いますが、これらの理由は一般的な普通の顔やブス、ブサイク、ブサメンなどでも当てはまる内容です。

女慣れしていない、場数を踏んでいない

いくらイケメンでも、学生時代は男子校出身であったり、子供の頃はブサメンでも大人への成長過程でイケメンの部類に仲間入りしたりと、若いフットワークの軽いうちに女性に対する免疫が極端に低い人は大勢います。

女性の前で話すのが苦手だったり、極端にあがり症になり免疫が劇的に低い人は「どうしたら女にモテるか」ということより、自分の居心地がいい男仲間同士、男友達のコミュニティに入ることを選び、女性の関わる生活習慣へ変更することを恐れている場合が多いです。

仮に気がある女性が現れたとしても、どの様に相手を喜ばせたらいいのか、どうしたら相手の女性に愛されるかなどの知識がないために、女性から「つまらない男」と見られ、せっかく寄ってきた女性を取り逃してしまっています。

ファッションや性格がダサい

女性は男性に比べて美意識、美的センスが高いです。

普段着ている服装のファッションだけでなく、店頭に並んでいる小物やちょっとした雑貨などを選ぶセンス、発言する言葉選びなど全てにおいてセンスも問われます。

そういった振る舞いや見た目の基準はその人そのものを体現していると言っても過言ではないほど重要視される大事な要素です。
かっこいいイケメン男でも極端にダサいふるまいや見た目、仕様であれば女性から見ても付き合う対象ではなくなり、彼女ができにくくなる要因となっています。

自分に甘く、だらしがない

かっこいいという自分に自惚れし、その慢心からか他人より自分に甘いイケメンが数多く存在します。

確かにイケメンはブサメンよりも許されることが多く、得することが多いのが事実です。
ちょっとのミスや迷惑をかけてもその恵まれた容姿から咎められることが多くないイケメンだからこそ、自分に極端に甘く、だらしがない人がいます。

それに付け加え、最悪なのが他人には厳しいイケメンがいること。
ここまで来ると、自分以下とみなした人間には厳しく、その対象はもう自分意外になり最悪な結果を導きます。

いくらイケメンでもそんな人を好きになる女性はいるでしょうか?

顔以外つまらない、取り柄がない

厳しい言葉になりますが、イケメンである顔以外には褒めるところがなく取り柄すらない人は彼女が出来ない傾向にあります。

イケメンであるが他は駄目。
そんな直視したくない現実は確かにあるようで、女性の間では良くネタとして話題に上がるほど。

そしてさらにひどいのが、女性はこう言ったネガティブでギャップのある話題を本人には言わないどころか、本人には絶対に伝わらないように同じ同性同士で噂して楽しむ性根の腐った性格を持ち合わせています。

男から見れば女性のそういった思考回路は理解し難く、性格の悪い女といった印象を受けますが、女性はその「根も葉もない噂」を酒の肴にしてギャハギャハ大声で笑い、まるで興奮したチンパンジーの威嚇のように手をたたきながら自身のストレス解消の材料として数時間~一日の大半、もしくは一日中話し込むのです。

そのため、本人には伝わらないことが多く、更に本人の前では隠すために真逆の態度をとり、あまつさえ「〇〇さんってイケメンでお話も面白くてかっこいいですね~」なんて思っていることとは全く真逆のことを伝えて、本人の中では改善がされないのが現状です。

アイドルにハマっていたり、理想が高すぎる

これは致命的です。

アイドルにドハマリするあまり、推しているアイドルに似た女性じゃないと彼女にしたくないと言った謎の理想の高さで彼女が出来ないパターンです。

アイドルになれるほどの女性は一般女性とは遠く及ばない美女ばかり、更に彼女らはお金のために営業スマイルはお手の物、金づるの男性ファンを手放さないために媚を売りまくりますが、大半の一般女性は違います。

そんな理想の高い人しか付き合いたくないと言っている現実の見れない男はいくらイケメンでもムリがあります。

彼女が出来ないブサメン男の特徴

ブサイク、ブサメン男は彼女が出来ないのなんて当たり前だろ!
と思っている男性男女のあなた達、短絡的な結論に至るのは思考停止と同じです。

先述したとおり、ブサイクやブサメンでも女性にモテたり彼女ができる人が多いのも事実です。

彼女が出来ないブサメンには必ずそれなりの理由があるのでご紹介します。
直視できない事実ばかりなので、見ていて辛くてもその現実を自分で理解した上で解決するように努力しましょう。

清潔感がない

一般的にブサメンと言われているブサイク男は「ブサイク」という物に対して正しい認識をしていないことがあります。

自分の両親や兄妹がブサイク、家系が全員ブサイクだから彼女が出来ないなんて思っている人はとんでもない勘違いをしています。

まず、ブサイクは血筋だとか人のせいにするのはやめましょう。
確かに褒めた顔じゃない人もこの記事を読んでいる人の中にはいるでしょうが、貴方が生まれたのはそのブサイクの顔を持った両親が愛し合って生まれた事実がある以上、女性に好かれないという定義はズレており、そのブサイクが理由で彼女が出来ないという理由にするのは愚かです。

そして大きく勘違いしているのが清潔感がないことです。

貴方がブサイクであろうとなんだろうと、それを理由にして身だしなみに気を使っていないことがありませんか?

  • 髪の毛は切らずボサボサ、セットすらまともにしたことがない
  • 無精髭で毎日ヒゲを剃らない。伸ばしていてもトリマーなどを使って整えていない。
  • 肌のケアが怠ってボロボロ、洗顔ってなにそれ美味しいの?みたいな油ギッシュでテカテカな肌を晒してる
  • 臭い。風呂をめんどくさがってろくにはいらないことがあるほど。
  • ファッションに気を使わず絶望的にダサい。
  • 運動は愚か家から出ることは殆ど無い。

これのどれかに当てはまってドキッとする人もいるのではないでしょうか?

女性は男性の顔だけではなく振る舞いや身なりもしっかり見ています。
持てているブサイクな男性はきちんと身なりに気を使っている清潔感のある人が多いのではないでしょうか?

自意識過剰で上から目線

これはブサメンやイケメン問わずいますが、普段から社会的偏差値の低いというものさしの基準から、虐げられる環境に陥りやすいブサメンの方々に多い印象です。

どうせ自分はブサイクだからと周りの目が気になり、次第に自分は常に女性から見られているという錯覚に陥り、ろくに人付き合いもしないまま自分には第三者からの客観的なものの見方ができるなんて勘違いする病人のような人が生まれます。

「人のこと言うけどお前も大概だぞ?」なんて説教じみたオッサンが出てくるのはまさにこういう人に多いです。

ちょっとなにか自分のこと出来に食わないことがあると全て人のせい、自分の影響力は強いと自負しており相手(特に女性)に対しては強気な上から目線で圧倒することがある人はもうこの時点でやめましょう。

自信家で過剰なナルシスト

はい。これブサイクとわかっていないブサイク男に非常に多いです。

まるで自分をイケメン王子に見えているのか、無駄に自信家で過剰なナルシストもブサメンに彼女が出来ない理由になります。

自信家=ポジティブシンキング
ナルシスト=カッコ良い自分

では全くありません。というかこういう勘違いしている男性が本当に多いです。

他人に高評価を得てほしいのか、常に自分で高評価、女性に対して「俺ってかっこいいだろ?こんなに自信に満ち溢れていて前向きで、魅力的だろ?」と言わんばかりにアピールしてくる男は正直鬱陶しく関わりたくない典型的な例です。

SNSで自分の手や足など顔以外の身体の部位を多くの割合で写真に収めてアップロードして公開している人はまさにこの傾向が強いです。

そしてその例に当てはまる人はこの文章を読んで「俺は違うな」と高確率で否定する傾向があります。あなたの周りは注意や指摘するエネルギーを使うのがもったいないと思うほど呆れていますのですぐにやめましょうね。

自分に自信がない

極端に自分自身に自信がない人はイケメンでもモテません。

それがブサメンだったら、更にモテないのは当たり前で彼女が出来ない大きな理由になっています。

「俺はブサイクだから」「ブサメンで顔が気持ち悪いから」なんてのは事実であっても悲観する必要はないですし、両親がくれた大切な顔です。

自分自身に自信が持てる魅力を持っていないことや、自信を付ける方法がわからない人はとにかくファッションなどの身なりや、相手への会話、喋り方の改善、身体を鍛えるなど、自分の自信につながる行動を取るようにしましょう。

デブ、肥満、身体がだらしない

顔や性格以外にも問題があるとすれば体型のだらしなさではないでしょうか?

肥満体型のデブで身体がだらしないなと思った人は、今すぐ食生活を見直し体質改善に取り組んで豚のようなクソデブ肥満体型から卒業しましょう。
ここで豚と挙げましたが豚は脂肪率が低く筋肉質ですので肥満デブ体型であれば例に上げた豚以下ということになります。

身体がだらしない人は女性から見て「自分に甘く生活もだらしない人」に見られがちです。

筆者の知り合いの女性達は口をそろえて「デブになる人は怠慢」と言っているほど、現実は過酷な意見が多く、大柄な体型の家系人にとっては悲しい意見ですよね。

でもそれが世間一般の意見です。体質であれ何であれ、一般の女性が「デブや肥満は自分に甘く怠慢」という意識がある以上、自分自身が変わるしかありません。

ブサメンでも身体を鍛えていたら、体中からテストテロンがあふれる魅力的な男性になれ、彼女が出来ない男からの脱却になれるでしょう。

彼女が出来ない時にしてはいけないこと

努力しても彼女が出来ない。彼女が出来ない期間が長すぎて嫌になる…といったときこそ、自暴自棄にならずに自分を見つめ直してみましょう。

  • 彼女が一生出来ないと諦める
  • 「イライラ」「むかつく」と苛立つ
  • 自分の顔や性格に欠陥があると劣等感を抱く
  • 顔がイケメンじゃないと彼女が出来ない

こんな風に思うのは逆効果になります。

彼女が出来ない悪循環から抜け出す方法

彼女が出来ない悪循環から抜け出す方法として万策を尽くした人も初心に一度戻り、以下の方法で脱却することをおすすめします。

女性と言う生き物を知る努力をする

彼女を持っている男性になんとかしてアドバイスを貰おうと「彼女が出来ない」思いの丈を嘆く男性がいますが、聞き手からすると申し訳ないですが「そりゃできないやろ」って思われることが多いのはご存知でしょうか。

基本的に女性は話をしながら相手のことを知り、相手と親密になりたいのに、スキンシップなどいきなり急な距離の詰め方をしてきたり、いざという時に勇気のなさや無駄な自尊心から大事なことが言えなかったり、男の感覚でそのまま女性に接して適応させようとしてしまう男性は、女性から受け入れがたい人間になります。

まずは女性という生き物はどういう性格で、どういうものなのか知ることが肝心になります。

自分よりも相手を敬い、重んじる姿勢

自分の意見を相手に伝えることは大事ですが、自己顕示欲が強すぎるのは禁物です。

それよりも「相手がどう思っているか、何をしたいのか」と考えられる様になったり、わからなければ会話をして知ろうとする姿勢があるだけでも、相手には伝わります。

最初からタイミングや考えがピッタリと合う相手はいません。

少し考えに違いが合ってもすぐに合わないと切り捨てるのではなく、しばらく友達付き合いしてみれば、彼女にできる可能性が見えてくることがあるのかもしれません。

気になった、好きになった女性には思いを伝える

気になった女性がいても、相手から来ることを待っていては何も進展はありません。
好きになる女性数あれど、恋愛関係には発展しないという場合はそもそもアプローチをしていないからという可能性があります。

まずは相手に自分の思いを伝えましょう。

理想の基準を高く作らない

彼女にしたい女性の理想を高くしすぎないことが大事です。

「清楚系胸が大きくて気遣いも出来て可愛く料理家事洗濯全てこなして誰にでも気を使えて一流有名女優に似ている女性が好み!」

なんてありえない運命の相手を待っているのなら今すぐその幻想を消して現実を見ましょう。

身体を鍛えて自信をつける

何もかも自信や取り柄がないと思っているのならまずは身体を鍛えてみましょう。

筋肉のある男性は女性にとってセックスアピールの一種となります。
鍛えているだけで健康的になり、女性からも魅力的に見えるようです。

彼女が出来ない男がやることまとめ

彼女が出来ない男性はまず、自分の彼女が出来ない問題点を見つめ直し、改善策を練ることが先決になります。

自分の問題点は、誰しも認めたくない部分でもあります。
彼女の出来ない人の殆どはこの問題に目を背けてしまいますが、ちゃんと直視することで、解決への一歩を踏み出せます。